夫婦別々で借りている借金も「借り換えカードローン」に一本化

夫婦別々で借りている借金も、「借り換えカードローン」に一本化できることがあります。ただし、その前によく考えることが重要です。ドラマなどでは、夫がギャンブルなどで作った借金を妻が返しているシーンが見られますが、現実には、夫婦にそのような義務はありません。夫が作った借金は夫に、妻が作った借金は妻に返済義務があります。連帯保証人になっているわけでもないなら、配偶者が作った借金を返済する義務はありません。

借り換えカードローンを利用してしまうと、夫婦のどちらかに返済義務が偏ってしまうということに注意が必要です。ほとんどの場合に、夫が債務者になると思われますが、夫だけが返済義務を抱えるようになってしまいます。その点に夫婦の両方が納得をしているという点が、1つ目の条件となります。妻が家族や子供のために作った借金なら、借り換えカードローンをして夫の借金にまとめてしまうのも、良いかもしれません。

夫婦別々で借りている借金を借り換えカードローンで一本化するためには、夫婦の双方が同意をしていることの他に、金融機関の審査に通るという条件も必要になります。金融機関によっては、例え配偶者であっても、別々の人間がしている借金を1つにおまとめをするということは認められないことがあります。夫婦別々で借りている借金をおまとめできる金融機関は、それほど多くはないという意見もありますが、相談をすることで認められることもあるかもしれません。まずは金融機関に相談をしてみましょう。公式ホームページには書かれていなくても、相談をすることで認められることがあるかもしれません。

カードローン借り換えおすすめランキング【厳選4社比較】はこちら
宇都宮にある消費者金融 © 2017 Frontier Theme